読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元筆頭秘書の日記

映画「闇金ウシジマくん」の撮影で使ってもらった店がつぶれて 放浪生活中

お風呂は大きな浴槽2つとシャワー12台(うち1台は故障) 女性は、別

お風呂は大きな浴槽2つ シャワーが11台が使用可能です。

男性100人くらいおりますので、「4階・5階の人達」と

「6階・7階の人達」で月水金と火木土で30分くらいの時間差で

分かれて入ります。放送が入ります。

17時45分くらい?〜21時まで

※「3階の就職組」は時間の制限関係なし(一応24時まで)

シャンプーも石鹸もあります。銭湯は540円だから有難いです。

たしか髭剃りもくれるのかな?

505・701に居た頃は、この時間帯の縛りがありましたので

食事の時間のちょっと空いてる20時頃に行ってました。

 

風呂にいくとサンダルが11個あると満員ってわかるので

椅子に座って待ちます。。

次々に入って来る牢名主のオッチャン達も

「おっ満員かあ じゃあ待つかあ」って横に座ってました。

※最近はそういうの分からない人ばっかのようでバンバン着替えてます、入れないのに・・アホみたい。

最初の頃は

「先どうぞ」って言っても

「いいよ兄さん仕事帰りだろ おれ暇だし」ってほんわかな感じ

慣れてきてからは

「チンコデッカイ順だからいいよ」って(笑)

「じゃあ兄さんのあとだなあ」って大爆笑

何となく粋な感じの人が多かったような感じでしたねえ

コミュニケーション能力が高いと言うか

 

最初のお風呂の思い出・・

506号室の同部屋だった「ボウヤ」と良く一緒に行きました。

自閉症? 親のDV?って感じがしたので

なるべく声かけて・・余計なお世話だったかもしれないけど

「ボウヤ風呂?俺も行く行く」みたいな感じで

「506のおっさん達うるせえから部屋移ったら静かだな?」

南京虫のおかげだな」とかなんとか

「ええ」クスっみたいな感じ(笑)

「ボウヤがうるさかったって言ってたって言っておくね」

「やめてください」とかなんとか(笑)

「そいえば俺パンツ1つしかないんだよなあ」って言った時が

一番爆笑してました。

「アハハっどうしてるんですか?」

「頑張ってもうじき買うでしょ」

「それがいいですよ」って(笑)

気づいたら、逆の隣の刺青背負ったオッチャンが一番笑ってた。。